0968-57-8320

空き家管理について

空き家の活用方法


空き家をご相談いただく方の多くが、空き家活用方法として売却を望んでいらっしゃいます。
いざ売却しようと思っても遠方に住んでいるためどこから始めたら良いか分からなかったり、親戚、兄弟との調整が難しかったりもします。空き家の活用方法としては、家主様の状況や土地、建物の相場に応じ様々な方法が考えられます。そこで熊本県の玉名地区に精通しているアルバ不動産では、大手にはない、きめ細やかなサービスや多角的観点よりベストな方法のご提案をし、空き家・空地の売却のお手伝いをしております。

1

そのままの状態で売却する

中古戸建として売却する方法です。現状のまま売り出しますので修繕等の必要部分は買主の負担となります。時間やお金をできるだけ抑えたい、多少安く売れてでも手間なく活用したいという方におススメの売却方法です。
2

リノベーションして売却に出す

劣化が激しい部分や必要箇所をリノベーションして売却する方法です。リノベーションもピンキリですので、どこまでやるかで売却価格は大きく変わります。地区年数、立地、地域の相場等を勘案して検討することが必要となります。
3

賃貸として活用する

そのままの状態又はリノベーションして賃貸として活用するの2種類あります。借り主としては、ある程度の状態で住みたいとの考えはあるでしょうから劣化が激しい部分や必要箇所をリノベーションする必要性はあります。
4

空き家を解体して売却する

一般的に老朽化した建物が建っている土地より更地の方がより早く、より高値で売却することができます。しかし、平成28年4月の熊本地震により解体業者は不足しており、2~3年待ちの状態と解体費用の高騰もあり時期を見極める必要があります。